でぶねもの釣り&ガーデニングな日々 in NZ
ニュージー5年目のパパがおくる英語ブログでしたが、いまは釣りブログです・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


師匠ついにやりましたよ!
師匠ついにやりました。
一人で鯛をゲットしました!


hatusnapper.jpg

さ、さおがガウンって1mぐらい曲がりましたよ!
すぐスナッパーだって分かりました。



bbpoint.jpg
新しいポイントを発見しました!
レイの岩の右奥のポイントです。







36cmsnapper.jpg
36cmでした!



↓師匠の共同作業で初めて釣った35㎝よりも大きかったです。
http://debunemoinnz.blog16.fc2.com/blog-entry-161.html#comment



***************************************************

これはおまけ。

travari.jpg
初めて釣った魚です。
トラバリーかパロレか良く分からないので
リリースしておきました。



aji8piki.jpg
日本でもお馴染みのアジです。
小さいのはフライにしたら最高ですね。(^ー^* )フフ♪




chaigunndan.jpg
これはチャイニーズのおじいちゃん軍団。
長い振出竿と箆浮きでサヨリをばかばかあげてました。
アジも私が5匹釣る間に10匹は釣ってます。
もうセミプロですね。(^-^;



うんとこしょ!どっこいしょ!
ガーデニング日記と言いながら、釣りのことばっかりで全然書いてませんでしたね。
一応ガーデニングは細々と続けております。


今年も我が家のベジガーデンでたくさんのお野菜が収穫できました!
ガーデニングを始めて彼是三年になりますが、
毎年試行錯誤の繰り返しです。



untokosho.jpg
収穫は子供たちにとってちょっとしたお祭りです。
絵本の「大きなカブ」ようにうんとこしょどっこいしょと
やってるところです。(^ー^* )フフ♪




syuukakusai2.jpg
今年はいつものようにトマト、ニンジン、ジャガイモ、ビーンズ、
とうもろこし、ナスのほかにキャベツ、カリフラワーにもチャレンジしました。




oyasaitachi.jpg
まとめて収穫すると結構な量になります。





tomato.jpg
トマトは今年は、プチトマトをメインに植えました。
かき芽はしましたが、幹を太くするのがなかなか難しいです。




cabettu.jpg
キャベツは難しかったですが、何個か収穫できました。
焼きそばにして頂きました。





016.jpg
カリフラワーはもっと難しいです。
ちょっと油断するとすぐ紫色になって固くなっちゃいます。
これはかなり良く出来た方ですね。





ninnjinn3kyoudai.jpg
ニンジン三兄弟です。
本当は間引きして、頭が出てきたら、
土を被せてあげないといけないんですが、
旅行から帰ってきたら飛び出てました。




bluestar.jpg
おまけですが、
一昨年友達から頂いたブルースターの種がようやく
花を咲かせてくれました。
とてもとてもきれいな花を咲かせてくれます。
種もいっぱい取れました。
欲しい方はおっしゃってください。




師匠、獲ったどー!!!
 ̄m ̄ ふふ、師匠やりましたよー!











kareiunagi.jpg
ついにウナギゲットです!ついでにカレイも5匹ゲット!


前回、師匠とマットととあるビーチに行ったときに
何度か取ろうとトライしたものの
何せカレイ用のスピアー(金突)は一本銛だったので
何度か師匠が刺しても身切れして逃げられたのでした。



kareiset.jpg
そして後日、一人で上の道具を引っさげて再挑戦となったのでした。
フラウンダーライトにバッテリー、スピアー、バッグ、獲ったカレイを通すヒモ付きペットボトル、
そして今回はあいつの為に網とBBQ用の串を持参。




と言ってもいつものところでカレイのついでにもしウナギがいたら
チャレンジしようくらいのつもりでした。



最初一匹は安易に左手で刺しに行ってはずしたものの
36㎝、27㎝、26㎝、26㎝、25㎝と着実に5匹ゲット!
一息ついたところで前回3人組がやっていた
まだ行った事のない浅瀬に行って見る事に。


そしたら、いるわいるわ、うなぎにアナゴが何匹も!
まずは網でトライ。
網を頭の前にそっと持って入って後ろからつつく作戦。
大きいのはまず逃げます。
小さいのは入るけどすぐ逃げてしまうと言う事で網はあきらめました。
次にBBQの串、体制を崩してしまい短くてさせません。


と言う事で刺せたらラッキーぐらいのつもりで一本銛でトライ!
そしたらいきなりウナギのど真ん中にヒット!
串で頭にとどめを刺してなんとか捕獲するもまだまだ元気。
その後何回かトライしたらまたまたゲット!
マットのスピアーを使ったんですが、
マットが鋭くスピアーを研いでいてくれたので
滑らずさせたんだと思いますのでマットに感謝!



unagi2hiki.jpg
計ったら64㎝と62㎝もありました。
こちらのウナギの太さは日本の倍以上はあります。
果たして食って旨いのかどうか、取るには取ったけど…


***************************************************

取ったウナギはネットで調べてなんとか裁きました。
内臓は絶対に割るなと釣具屋の親父に言われたのに
日本風に背開にチャレンジしたら見事にブレイク!
この世の物とは思えないような臭いが…
仕方なく内臓のついてしまった身は廃棄処分に。
結局あんなに大きいのに一人前しか残りませんでした。


とりあえず料理して見る事に…

unagiryouri.jpg
BBQで白焼きにして、タレと一緒に煮て、
再度焼きを入れて、最後にまたタレと絡めてなんとか完成です。




unagidon.jpg

うーん、見た目は何処から見てもうなぎの蒲焼です。
いただきまーす!



おおーっ!タ、タレがめっちゃ旨い!
身の方はと言うと・・・ちょっと硬い。
しかも長時間お酒に付けたもののちょっぴり泥臭さが残る感じ。
苦労した割にはと言った感じでしょうか。


マオリやキウイはウナギは燻製にして食べるんですよね。
燻製セットなんとかゲットして再チャレンジといったところでしょうか。

(0201、LT18:30 22:40~1:00)

********************************************

その後、別の日に一人でまた行きましたが、
そのときはめっちゃ風強くて波も高く、
ほとんど照らしてるところしか見えず、
先に来てた人も即効で諦めて帰ってました。

でも、『去年の懐中電灯一本でやってたときよりはまだ良いほうだよ』と思って探しまして
なんか白いものが見えたので0.5秒で反応して刺したら結構暴れたので、
まずまずのサイズかなと思ったら33㎝の大物でした!


その後ラストチャンスポイントでちっこいの2匹獲れましたが、
一匹は25㎝以下ぽっかったのでリリースしました。
微妙なサイズは体の端っこ狙って刺して、
リリースしても死なないように(多分だけど・・・)してます。


結局、1時間で諦めましたが、
こんな状況で2匹ゲットできて何気に今まで一番嬉しかったかもしれません。
思わず自分で自分を褒めちゃいました。ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ


帰ってくるなりフィッシンぐ~!
NZに帰ってくるなりマットからカレイの誘いが…
師匠もちょうど来ていたので一緒に誘って行ってきました。
生憎の天気で1匹しか取れませんでした。
とは言え新しいビーチで取れたのですがまた使えそうなポイントでした。



matsabaiteru.jpg
こちらは帰るなり早速カレイを刺身用に裁くマット。




chopchopchop.jpg
それをさらにチョップして味付けする師匠




tedukuribeer.jpg
友達から貰った美味しい手作りフルーティビールで乾杯でした。





こちらは次の日買い物に行かなければいけなかったので
適当な釣りポイントに師匠を置いてきました。
彼は釣りさえできればOKなのです。


そういえばこの日は先に寝てしまい、
師匠の寝顔写真を撮るの忘れました。(^ー^* )フフ♪



オーストラリア旅行記 オーストラリア釣り三昧♪
spitkodomo.jpg
昨日の午後は、嫁をベルサーチホテルの
カフェに連れて行ってご機嫌を取った後は
今度はシーワールド横のコの字になってる
スピットの内側へ行ってきました。



spituchigawa.jpg
子供をビーチで遊ばせている間に
残っていた餌でキスを狙って釣り。
そしたら一投目でヒット!
引きが結構あったので何かと思ったらブリム(黒鯛もどき)でした。




brim.jpg
オーストラリアで初ブリムです!
でも手のひらサイズなのでリリース。





kisu.jpg
その後、またブリムの後、
今度は小さな当たり!引いてきてみるとキスでした。
こっちではホワイティングと言うらしいです。




beramodoki.jpg
その後ベラみたいのが釣れました。




最後は、めっちゃ大きい当たり!
でも仕掛けを食いちぎられました。
『あれは30CMはあったな』っと勝手に想像。
しばしの釣りを楽しんで終了です。


kisu21.jpg
キスはお刺身で頂きました。(^ー^* )フフ♪


**************************************

その日の夜はスピット先のジェティ(ワーフ)にリベンジです。
10時半干潮で45分からスタート。
この日も結構風があり、人も少なかったです。




kochi.jpg
でも行ったらいきなり
フラットヘッド(コチ)を釣り上げてる人がいました。




まずはまたサビキで探りを…
そしたら真ん中当たりで、
変な魚が連れ出しました。


butterbrim.jpg
体が平らで丸っこいエンゼルフィッシュみたいな魚でした。
となりのおっちゃんに聞いたら
バターブリムって教えてくれましたが、
見るからに食べるところが少なくて、あまり美味しそうではない。




butterbrim3biki.jpg
入れ食い状態で、10匹は釣れました。
そして3匹まとめてゲットでした。



その後、チビブリムが交じってきて、
次に大きな当たり!
20ドルの安竿がめっちゃしなります。
あげてみたら、良型のブリムでした。




brim22.jpg

でもキープサイズの23CMに届かない22CMだったので
あえなく方流しました。



その後、フラッへッドを狙って、波打ち際や
大物狙いで浮きで深いところと探りましたが
干潮23時間過ぎたら反応無し。




taylar.jpg
戻ってきたらとなりのおっちゃんが、
テイラーとか言う、カウアイに似た魚を同じ場所であげてました。
やっぱり釣れてるときは動いたらあかんね。



って事で、この度のオーストラリアの釣りは納竿となりました。
あー面白かった。
今度は絶対にルアーでも釣りたいです。(^ー^* )フフ♪



オーストラリア旅行記 風強く波高し
日本に帰国するついでにゴールドコーストに遊びに来ております。
イカ用に買った20ドルの安竿をスーツケ-スに忍ばせておいたので
今日は一人でこっそり夜釣りに行ってきました。


wharf.jpg
ネットと地元の釣具屋で情報収集して、
ここなら何かしら釣れるだろうと
スピットと呼ばれる砂州の先にあるワーフに行ってきました。



kiosk.jpg
24時間やってる受付で3.8ドル払って入場します。


wa-hu.jpg
夜だと言うのに大人から子供まで30人以上の人が来てました。
それだけ釣れるポイントなのでしょう。


餌は釣具やで店員がお勧めしてしかもその場で
日本人のおっちゃんが大量に買い占めていた冷凍ワームです。



t
しか~し、日ごろの行いが悪いからなのか、
家族サービスそっちのけでホテルを抜け出したのが悪いのか、
生憎の強風と高波で魚の気配がほとんどなく(言い訳…(^-^;)、
満潮の21時を挟んで、20時から0時まで粘るも、
ちっこいバイトがあっただけで全然ヒットせず。


eimodoki.jpg
韓国人がエイみたいな魚とローカルがキスらしき魚を釣っていたぐらいでした。
ベトナム人のハイさんというおっちゃんが、
いつもはもっと釣れるんだけどねと言ってただけに残念ですが、
これも釣りですからね。


ワーフの他に岩場の流れ込んでるところやスピットの内側も試してみましたが駄目でした。
出来るなら昼間もう一度チャレンジしたいところです。


オーストラリア旅行記 ゴールドコースト恐るべし!
もう1月30日なんですが、
今日までオーストラリアに2週間、日本に10日ほど行っておりました。
日本では釣りはしませんでしたが、
ゴールドコーストで釣りに結構行ったのでその時のミクシィの日記を徐々にアップしてゆきます。

まずは、ブリスベンからゴールドコーストにレンタカーで向かい、
初めてサーファーズパラダイスのビーチを見て感動したときの記事から・・・

******************************************************

1月10日

ついにゴールドコーストに上陸いたしました。
まじでかなりやばいところです!

gold coast
この景色を見た途端にぶっ飛びました!
ハワイより凄いかもしれません。
一度は来た方が良いです。


久しぶりに鳥肌たちました…(^ー^* )フフ♪


でもお金掛かりそうなところです。
まずは釣りのポイントを探してみます。


こぼれ話
年末にTYさんのお知り合いの姪っ子さんが
ニュージーに遊びにいらっしゃいました
イカ釣りをしたいのでエギを持ってきているとの事だったので 一緒に行ってきました。

ニュージーにわざわざエギを持ってイカを釣りに来るなんて
どんな人かと思ったら、私と同世代の普通のお姉様でした。
でもバスを6~7年やってるとの事で、道具もプロフェッショナルで、
3~4万はするバスロッドに薄くても寒くない防寒具にヘッドライドとパーフェクトな装備でした。
私の20ドルの竿なんて恥ずかしくて貸せません。

ラインも私は根掛かりのときのために5号とか使ってるのに
ナイロンの2号に、リーダーがPE1号使っていて
座って投げて私と同じくらい投げてました。(^-^;

イカはもうシーズンオフでほとんど釣れないので、
みんなが諦めてる帰るなか、エギをガン玉で微調整して…








ikatottadoo.jpg
見事1杯ゲットしました!


しかも釣ったらすぐ、サイズと重さを計って、
パック詰めしていたのには圧巻でした。
また新たにイカ釣りの師匠が出来てしまいました。



toretateika.jpg
イカは釣った瞬間はこんな色だったんですね。
忘れてました。

色々勉強になる一日でした。



************************************

(また別の日)

自分だけ釣れないのは悔しかったので
タマちゃんとカレイに行った後に
一人でリベンジに行ってきました。



saigonoika.jpg

2時間掛けてなんとか1杯ゲットでした!
多分これが今シーズン最後のイカになるでしょう。
一緒に写ってるカニは、イカを餌に黒アナゴを狙っていたら釣れました。

これで少しはリベンジで来たかな…と思っていたら
後で姪っ子さんから電話が掛かってきて、
彼女は同じ日にロトルア旅行から車を運転して帰ってきて
そのままデボンポートに行ってイカを2杯ゲットしたそうです。
もう脱帽ですね。(^ー^* )フフ♪


タマちゃん&マット、念願のカレイを連夜ゲット!!!
更新遅れがちで申し訳ございませんが、
新年開けましておめでとうございます。
年明けから飛ばしまくりで今年もこいい一年が始まってます♪



そして昨日、 タマちゃんの二年越しの想いがかなって・・・










tama-karei.jpg
昨日ついにカレイをゲットしました!



フラウンダーライトのセットは何を隠そう
タマちゃんと共同購入した物なので
彼だけカレイをゲットして無かったのは心苦しかったのですが
昨日ついにゲットして頂きました。



干潮19時48分で3時間後の22時50分スタート。
0時30分フィニッシュでした。
前々日は雨で、前日は曇り、当日は晴れていたので
ぼちぼちかと思っていました。
透明度はまずまずといった感じでしたが、
始めて30分で4匹ゲットでも1匹は刺したが鰭の近くで落としちゃいました。


最後の方で2匹ゲットして
結局5匹ゲットでした。
36、25、27、ギリ、29㎝でした!


******************************************************

(そして次の日の日記)

一昨日にに引き続き、
昨日もマットとスピアーに行ってきました。
雨、曇り、晴れ、晴れと来ていたので
絶好のスピアー日和で我々の他に5組ぐらい来てました。


で成果は…






karei10.jpg
過去最高の10匹ゲットでした!
大きさも25、29、33、27、37、38、31、27、38、33㎝と
39cmの記録は敗れませんでしたが、どれも良型でした。


特に5匹目のやつは、私が首の骨のところに刺してしまい、
貫通できず逃げてしまったところを、
マットが見つけてくれてゲットしてくれました。



mattkarei.jpg
まだ寒い時期に彼を二度も連れて行っていずれも坊主で、
マットにも今回取らてあげたかったので何よりです。
それにしても彼はキウイで普段から海を何キロも泳いじゃうくらい
めっちゃ野生児なのでカレイを見つけるのは
私よりも上手いくらいでした。




干潮8時33分でちょっとはやめの10時50スタート、
1時フィニッシュでした。
最初の30分で3匹くらいゲットでしたが、
新たに良いスポットを見つけて、
ラスト1時間で大物を次々ゲットでした。
10匹取ったら帰ろうと言う事で、
ちょうどバッテリーも切れたので帰ったのでした。


kareipapa.jpg
もうカレイのネックレス状態!



kareisabaku.jpg
そのまま家の前で刺身にしてカレイパーティでした。



これで思い残すことなく旅立てます。
今シーズンの漁はこれで終わりかな… ̄m ̄ ふふ






どんだけ釣り好きやねん!
061.jpg

28日はイカを釣りに師匠とTちゃんと行ってきました。
休みに入って12日中7日も師匠と釣りに行ってます。(^-^;



あいにくの天気ながらも私が見つけた新スポットで師匠は3杯、私が1杯とまずまずでした。
Tちゃんは道具があってなかったので次回に期待です。



話はそこで終わらず、
折角そこでイカをゲット出来たのに
コンディションが良いと分かるや
イカ釣りをスパッと止めて
それを餌にスナッパー(鯛)釣りを始めました。


そしたら15回投げて15匹連続でスナッパーをゲットしてました。
キーパーサイズは2匹ぐらいでしたが、
『食べるからキープしてよ!』とお願いしてる私をよそに
『30㎝以下は俺はキープしないと』即効でリリースしてました。(^-^;


結局私が小さいのを1匹上げてる間に師匠は17匹上げてましたね。
師匠の凄さを改めて実感いたしました。


*************************************************


で29日は、そのイカを使って
クラスメートのラジャ(偶然にも師匠のオークランドでのホームステイのホストファーザー)
と師匠とパキリビーチへ遠出して釣りの予定でしたが、
あいにくの天気なのでいつものところでちょっとやっただけでした。




そして今夜は日本から来ているゲストのご希望で
またまたイカ釣りです。
シーズンオフに近く、だいぶ厳しくなってますが、
まだまだ行けますよ。(^ー^* )フフ♪


トップの写真は150m以上遠投していたインドネシア人のおっちゃんです.





Copyright © でぶねもの釣り&ガーデニングな日々 in NZ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。