でぶねもの釣り&ガーデニングな日々 in NZ
ニュージー5年目のパパがおくる英語ブログでしたが、いまは釣りブログです・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LOSTな英語 Vol.1(Episode1~4)
LOST、面白いドラマです。
とはいえ、英語字幕ではストーリーは追えても、各キャラクターの回想シーンになると
細かいところまでは分からないので、何度も見直しながら進んでおります。


20060213210117.jpg



英語も一度目は、筋を追うのに必死で、何を言っていたか覚えておりません。
でも2回目になると、意識してみているせいか、結構気になるセリフとかも出て来ます。
それでも分からないところは、巻き戻し、再生の繰り返しで…



ストーリーは、とにかく墜落したあやしい島でのサバイバルです。
救援が来ないので、皆で協力をして水や食料を調達します。
各エピソード毎に一人か二人づつ死んで行くのかと思ったらそうでもないみたいです。



また各エピソード毎に各キャラクターの回想シーンでバックグランドが明かされていきます。
第1話では、主人公ジャック(医者)の、第2話は薬中のミュージシャンのチャーリー
第3話は妖しい女性のケイト、第4話は謎の中年男ロック、それぞれにびっくり!!の過去が…
それと島に住む怪しい怪物!?、やつはいったいいつ姿を出すんでしょうね?




★気になった英語★

エピソード2(第2話)で、ザイード(元イラク人兵士)がケイト達とバッテリーがわずかに残された
トランシーバーで救援を呼ぶためにジャングルの中へ向かおうとするシーンで、
わがまま娘のシャノンの会話が気になりました。


兄のブーンに話しかけるシーンでは、

シャノン:「I'm going with them on the hike.」 (私は彼らと一緒に行くわ!)

だったのに、ザイード達に話しかけるシーンでは、

シャノン:「I'd like to come with you.」(私も一緒に連れてって。)
もしくは「I'm coming with you.」(私も行くわ!)


と言ってました。(日本語訳はこんな感じということで…(^^;)
どちらも日本語にすると「私は行く」と言う意味ですが、
最初のはただ単に自分はどこかへ行くというニュアンスで、
後のは誰かと一緒に行くという感じでした。



私は行くと言う場合にどんな時でもgoしか使ってなかったので、
comeにも行くと言う意味で普通に使われている事がちょっと勉強になりました。
すごい初歩的な事かもしれませんが、何度も見ているとそんな単純な所で新たな発見があります。
あとはこれを何回か違ったシチュエーションで使うことによって本当に自分の物になるんでしょうね。



もう一つエピソード3(第三話)のエンディングで、ケイトがジャックに自分の過去を話そうとするシーンで、
ジャックは「そんなの知りたくもないよ」と彼女に言い、更に

ジャック「Three days ago we all dead.We should all be able to start over.」
(俺達は三日前にみんな死んだのさ、みんなもう一度やり直すことが出来るはずさ!)


このエピソード3のエンディングは、なんだかとってもいい感じの終わりかたで、
みなさんもココでやられた~という方は多いはず…
とっても希望が持てる終わり方でしたね。



shouldは~すべきだけの意味でなく、現在形で使うと、たぶん…だ、…のはずだという
可能性・推量の意味で使えるんですね。
こちらに来てから、よく友達にこのshouldを~すべきの義務の意味ばかりで使われて、
あまり良いイメージがなかったのですが、ちょっと変わりましたね。
ただ嫁にこのセリフを使う事のないように日々努力しないとね。(^^;


人気ブログランキングはお休みですが、FC2ブログランキングに入ってみました。
こんな機能もあったなんて知らなかったよ~、w( ̄o ̄)w オオー!

↓数少ない来訪者の方々、せっかくなのでポチッっと押してって下さいまし!






スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


LOSTおもしろそうですね!
ちゃくちゃくとご覧になってますね(^^)v
記事を読むとかなりおもしろそうです。私も撮り貯めてあるものみなくちゃ。私もまだ3話までしかみてませんが、例の巨大生物はいつ出てくるんでしょうねぇ。楽しみです。

comeの使い方って結構難しいですよね。日本人にはない感覚かもしれません。
「(部屋とかに)入ってもいいですか?」 →"May I come in ?"
「今いく!」 →"I'm coming!"
のように相手から見た視点で言うんですよね。最近ようやくこのフレーズを自然に感じられるようになった気がします。いえ、自分で使いこなすことはできないですけどね(苦笑)
また面白いフレーズとかあったら教えてくださいね!
もえぎ | URL | 2006/02/14/Tue 09:12 [EDIT]
もえぎさん
ネタばれはしないように書いていくつもりです。
あらすじとかは分からなければ、他の方のブログを見ると良く分かります。
私も二回見て分からないのはそちらでお世話になってます。

>最近ようやくこのフレーズを自然に感じられるようになった気がします。

え~、私はこちらで10ヶ月以上生活してようやく気がついたことなのに、
さすがレベルが違いますね~。
わたしももっと目標を高く持たないとこんなもんで終わっちゃいそうです…

面白いフレーズですか、人によって感じ方が違うから難しいのですが、
とにかくビビッと感じたところを書いて行きますね
でぶねも | URL | 2006/02/14/Tue 19:28 [EDIT]
shall とwillについてBBCのLearning Englishの文法のところに出ています。ご参考までに。。。http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/radio/specials/1535_questionanswer/page3.shtml
englishcat | URL | 2006/02/14/Tue 22:51 [EDIT]
すみません。BBCにでてくるのは、ShouldではなくてShall でした。
englishcat | URL | 2006/02/14/Tue 22:53 [EDIT]
englishcatさん
わざわざありがとうございます。
間違っている事があったら、どんどん直してくださいね。
でぶねも | URL | 2006/02/15/Wed 06:53 [EDIT]
englishcatさん
こんなサイトがあったのですね。
いまだに英語のサイトは、引いてしまいますが、チャレンジしてみます。
『でぶねもいきま~す!』(アムロ風に…)
でぶねも | URL | 2006/02/15/Wed 06:55 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © でぶねもの釣り&ガーデニングな日々 in NZ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。