でぶねもの釣り&ガーデニングな日々 in NZ
ニュージー5年目のパパがおくる英語ブログでしたが、いまは釣りブログです・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


師匠、獲ったどー!!!
 ̄m ̄ ふふ、師匠やりましたよー!











kareiunagi.jpg
ついにウナギゲットです!ついでにカレイも5匹ゲット!


前回、師匠とマットととあるビーチに行ったときに
何度か取ろうとトライしたものの
何せカレイ用のスピアー(金突)は一本銛だったので
何度か師匠が刺しても身切れして逃げられたのでした。



kareiset.jpg
そして後日、一人で上の道具を引っさげて再挑戦となったのでした。
フラウンダーライトにバッテリー、スピアー、バッグ、獲ったカレイを通すヒモ付きペットボトル、
そして今回はあいつの為に網とBBQ用の串を持参。




と言ってもいつものところでカレイのついでにもしウナギがいたら
チャレンジしようくらいのつもりでした。



最初一匹は安易に左手で刺しに行ってはずしたものの
36㎝、27㎝、26㎝、26㎝、25㎝と着実に5匹ゲット!
一息ついたところで前回3人組がやっていた
まだ行った事のない浅瀬に行って見る事に。


そしたら、いるわいるわ、うなぎにアナゴが何匹も!
まずは網でトライ。
網を頭の前にそっと持って入って後ろからつつく作戦。
大きいのはまず逃げます。
小さいのは入るけどすぐ逃げてしまうと言う事で網はあきらめました。
次にBBQの串、体制を崩してしまい短くてさせません。


と言う事で刺せたらラッキーぐらいのつもりで一本銛でトライ!
そしたらいきなりウナギのど真ん中にヒット!
串で頭にとどめを刺してなんとか捕獲するもまだまだ元気。
その後何回かトライしたらまたまたゲット!
マットのスピアーを使ったんですが、
マットが鋭くスピアーを研いでいてくれたので
滑らずさせたんだと思いますのでマットに感謝!



unagi2hiki.jpg
計ったら64㎝と62㎝もありました。
こちらのウナギの太さは日本の倍以上はあります。
果たして食って旨いのかどうか、取るには取ったけど…


***************************************************

取ったウナギはネットで調べてなんとか裁きました。
内臓は絶対に割るなと釣具屋の親父に言われたのに
日本風に背開にチャレンジしたら見事にブレイク!
この世の物とは思えないような臭いが…
仕方なく内臓のついてしまった身は廃棄処分に。
結局あんなに大きいのに一人前しか残りませんでした。


とりあえず料理して見る事に…

unagiryouri.jpg
BBQで白焼きにして、タレと一緒に煮て、
再度焼きを入れて、最後にまたタレと絡めてなんとか完成です。




unagidon.jpg

うーん、見た目は何処から見てもうなぎの蒲焼です。
いただきまーす!



おおーっ!タ、タレがめっちゃ旨い!
身の方はと言うと・・・ちょっと硬い。
しかも長時間お酒に付けたもののちょっぴり泥臭さが残る感じ。
苦労した割にはと言った感じでしょうか。


マオリやキウイはウナギは燻製にして食べるんですよね。
燻製セットなんとかゲットして再チャレンジといったところでしょうか。

(0201、LT18:30 22:40~1:00)

********************************************

その後、別の日に一人でまた行きましたが、
そのときはめっちゃ風強くて波も高く、
ほとんど照らしてるところしか見えず、
先に来てた人も即効で諦めて帰ってました。

でも、『去年の懐中電灯一本でやってたときよりはまだ良いほうだよ』と思って探しまして
なんか白いものが見えたので0.5秒で反応して刺したら結構暴れたので、
まずまずのサイズかなと思ったら33㎝の大物でした!


その後ラストチャンスポイントでちっこいの2匹獲れましたが、
一匹は25㎝以下ぽっかったのでリリースしました。
微妙なサイズは体の端っこ狙って刺して、
リリースしても死なないように(多分だけど・・・)してます。


結局、1時間で諦めましたが、
こんな状況で2匹ゲットできて何気に今まで一番嬉しかったかもしれません。
思わず自分で自分を褒めちゃいました。ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ
スポンサーサイト


帰ってくるなりフィッシンぐ~!
NZに帰ってくるなりマットからカレイの誘いが…
師匠もちょうど来ていたので一緒に誘って行ってきました。
生憎の天気で1匹しか取れませんでした。
とは言え新しいビーチで取れたのですがまた使えそうなポイントでした。



matsabaiteru.jpg
こちらは帰るなり早速カレイを刺身用に裁くマット。




chopchopchop.jpg
それをさらにチョップして味付けする師匠




tedukuribeer.jpg
友達から貰った美味しい手作りフルーティビールで乾杯でした。





こちらは次の日買い物に行かなければいけなかったので
適当な釣りポイントに師匠を置いてきました。
彼は釣りさえできればOKなのです。


そういえばこの日は先に寝てしまい、
師匠の寝顔写真を撮るの忘れました。(^ー^* )フフ♪





Copyright © でぶねもの釣り&ガーデニングな日々 in NZ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。